HOME

山口市のブックマンション

HONYAらDO は

 2022年5月1日(日)からショクバカフェの2F

.

 ブックマンションとは、みんなでシェアして運営する一棚一オーナー制の新しい本屋さんとそこから派生するコミュニティの形。

本屋さんをしたいと思った人が集まり、好きな本を並べて本棚をつくります。そうして出来上がった本屋さんは、個性的な店主さんのこだわりが集まった、いわば本屋さんのマンション。

 山口にオープンしたのはブックマンションの名前は【HONYAらDO】(ほんやらどう)。あなたの人生を変えるかもしれない本屋さんです。ブックマンション型の一棚本屋さんやシェア型本屋さんと呼ばれる本屋さんは、いま全国各地にぞくぞく開業しています。

  

本屋さんのオーナーを募集

 【HONYAらDO】では、一棚の本屋さんになっていただく棚主さんオーナーを募集しています。ブックマンションの住人となって、一緒に本屋さんを楽しんでみませんか。それぞれの一棚のオーナーさんは、本をセレクトして本棚を埋めるバイヤーさんでもあります。多様な視点の本屋さんが集まるセレクト・ショップのようなブックマンションを、ぜひ一緒に創っていきましょう。 

場所は山口市中心商店街

 オープン時は山口中心商店街米屋町のmirai365内にありました。なかに入ると、右手のコーヒーショップの奥隣に山口良品プレイスのコーナーがあり、さらにその奥に最初の「HONYAらDO」がオープンしました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: before_open_pre-1024x576.jpg
 最初は、こんなスペースに、さらに本棚を追加し配置を考えて、と準備を重ね、少しずつ本棚を増やして、一棚本屋さんオーナーの受け入れの用意を進めました。
そして、棚主さんにも徐々に集まってもらえるようになり、
ちょっと手狭になったので、近くのカフェに移転することにしました。

そのカフェがこちら

みんなのショクバ 通称「ショクバカフェ」の2Fとなります。左手に見える階段からどうぞ。

 最初にオープンした「mirai365」からなんと徒歩50歩の距離。ほんとすぐそこなんです。

 まだまだ棚主オーナーさんが順調に増えていけば、このスペースをも飛び出して、商店街内で独立店舗として移転し、さらに棚主さんを増やして商店街に面白い場をつくっていきたいと思います。 

 ちょっとブックマンションの本屋さん面白そうだなと思われた方、以下の「オーナー希望者の方へ」の案内をご覧ください。なんのためにこんなことやっているかご説明いたします。共感するよとか、いいなと思ってくださった方は、「オーナー希望者の方へ」のページから説明会に申し込みいただき、さらに詳しい説明を聞いていただければと思います。

山口市中心商店街のお近くの方は、ぜひ現地見学を!

ちょっと「行くのはおっくうだな」という方は、上記「オーナー希望者の方へ」からお気軽にお問い合わせください。

 ちなみに「HONYAらDO」は読みにくいとは思いますが、素直に「ほんやらどう」と呼んでくださいませ。

この名前については「about」ご参照を。